発酵食品でカンタン美容!専門家に、正しく上手な食べ方を聞きました

144ec483 8a46 4ef9 ab07 c51c196c60ee

よく発酵食品が美容にいいって聞くけど、なぜ美容にいいのか、どのように食べたらいいのかよくわからない…というのがホンネ。そこで、VICOLLE編集部が専門家に聞いてみました!その答えとは…。

発酵食品が美容にいいって本当?

写真:WAYHOME studio/Shutterstock.com

よく「発酵食品は美容にいい」なんて聞くけど、どうして美容にいいのか、何をどう食べたらいいのかわからない…というのが私のホンネ。「発酵食品って体にいいらしいからなんとなく食べている」なんていう方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、そんな疑問を解消するべく、日本発酵文化協会、認定講師の葛山佳代子さんにお話を伺いました。

なぜ発酵食品は美容にいいの?

写真: Undrey/Shutterstock.com

-発酵食品は美容にいいのでしょうか?

葛山さん(以下同):美容効果は期待できますよ!その理由は腸内環境を整えてくれる効果とその豊富な栄養素と美容成分。腸内に善玉菌・悪玉菌・日和見菌がバランスよくいることが「腸内環境がいい」といわれているのですが、発酵食品はこの善玉菌と悪玉菌のバランスを整えてくれるんです。

また、食品そのものの栄養素にプラスして、発酵した際に作り出した成分を同時に摂取できるので、健康や美容にいいといわれているんですね。

-具体的にどんな効果が期待できるんでしょうか?

さまざまですが、美容的にはお肌を整えたり、髪にツヤを与えてくれます。さらには太りにくい体質になったりもしますよ。また、腸内環境が整うとよく眠れるようになり、精神的にも安定することがわかっています。

発酵食品を食べるときに気をつけたいこととは?

写真: deeepblue/Shutterstock.com

-より効果がある発酵食品を教えてください

DNAが一緒の一卵性双生児でさえバラバラといわれる腸内細菌、みんなに当てはまって絶対コレを食べて!とは言いにくいんです。ただ、日本人の体の傾向はあると思うので、日本で昔から食べられている味噌や納豆といった伝統的な食品は体に合いやすいのではないでしょうか。あとは自分に合うかどうか、同じ食品でも合う合わないはあるので、さまざまなメーカーのものを食べて自分の体に合うものを探してみてください。

-いい発酵食品の見つけ方はありますか?

簡単な方法だと、商品の裏面を見て何で作られているのかチェックするといいと思います。家でその食品を作れるか考えたとき、手に入りづらい食品が入っている場合は注意が必要かと思います。また、商品のサイトに飛んでみて、分かる場合はどのように作られているのか製造過程を調べてみるのもいいですね。

-より効果的に食べるには加熱した方がいいのでしょうか

そうですね…。まず、発酵食品を食べる際「生きた菌」を体内に取り入れることは、あまり重要ではありません。菌が死んでしまっても、菌自体が腸内細菌のエサになったり、菌が発酵により作り出したさまざまな栄養素が腸内環境を整えてくれますよ。

善玉菌や酵素を摂りたいというときは火を加えずそのままで、栄養素を摂りたいなら加熱してもいいと思います。ただし、味噌や醤油は流通の関係上加熱処理などをしているものが多いので、生きた菌を摂取するのは難しいです。納豆に含まれる納豆菌は強いので、納豆なら生きた菌を摂取することが可能ですよ。

発酵食品は種類が豊富で、さまざまな料理に使えるのも魅力のひとつ。いろいろな調理に使ってみてくださいね。

-どれくらいの頻度で食べるのがいいのでしょうか?

毎日の食事で継続して食べることが重要です。私達の体は日々食品を消化し、栄養を取り込んでいます。一気に体質が変わる!ということはないので、毎日食べて徐々に腸内環境を整えていきましょう。

また食品によってさまざまですが、腸内細菌は夜活動するので腸内を整えるなら夕食に発酵食品を食べるといいでしょう。甘酒はブドウ糖やアミノ酸が含まれていて、体への吸収が早くエネルギーになりやすいので、朝が弱い方は朝食時がおすすめです。

-美容に特におすすめの発酵食品はありますか?

甘酒がおすすめです。甘酒は酒粕で作ったものと米麴で作ったものの2種類あります。特に米麴の甘酒は「飲む美容液」といわれるほど栄養が豊富!甘酒に含まれるコウジ酸は美白成分で、シミや日焼け対策にもいいですね。また、米麴の甘酒にフルーツを加えて飲むと、ビタミンCがプラスされてさらに美容効果がアップします。ただし甘酒の約20%が糖の状態、体にいいからといって大量に飲むと糖の摂りすぎになり太る可能性があるので、気をつけてください。1回におちょこ1杯程度、1日コップ1杯(200cc)くらいを目安にしてください。どんな食品も食べ過ぎには注意が必要です。

まとめ

写真:kazoka/Shutterstock.com

発酵大国と呼ばれている日本、味噌や醤油、納豆など身近にあって、なんとなく食べているという方も多いのではないでしょうか。発酵食品の食べ方を知り、意識することで美容や健康により活かしてみるのはいかがでしょうか。

発酵食品を食べるときに意識したいポイントおさらい

・毎日継続して食べることが大切
・一部食品を除いて夕食に食べるのがいい
・甘酒+フルーツで美容効果アップ
・善玉菌や酵素を摂りたいときはそのままで、栄養素を摂りたいときには加熱してもOK


葛山佳代子(かつらやま かよこ)

宮城県出身。名古屋在住。 幼少より運動が好きで、サッカー、水泳、陸上を経験。教養学部で体育学を専攻したが、就職難を機に、国際開発に携わりたいと、畑違いの国際関係学部に入学。 発展途上国の農村開発プロジェクトに携わろうと、名古屋で微生物(EM)の会社に就職し、微生物の奥深さを知るようになる。 微生物と共に暮らす楽しさ、発酵の魅力に取りつかれ、現在は、食だけではなく“暮らし全体を発酵させる”プロジェクトを企業と共に推進中!

趣味で仲間と共に無農薬の米づくり。自家製のお米を麹にしてもらったり、稲わらを使って納豆を仕込んだり、発酵生活を満喫♪

暮らしの発酵

【http://www.kurashinohakko.com/】

(文:VICOLLE編集部/HARUKA.I)  

旬感トピックをいつも手元に今すぐ無料ダウンロード